ブルーベリーを有効活用│万能果実で健康生活

海藻のヌルヌル成分の力

茶色いサプリ

フコイダンは海藻のヌルヌルのもとになっている成分で、それには美容効果・ダイエット効果・育毛効果などがあるとされています。また、摂取する時には直接モズク等の海藻を食べる方法と、サプリメントを使って摂取する2つの方法が有ります。

もっと見る

ホットドリンクで冷え改善

コップ

内臓からくる冷えは、なかなか自覚症状が無い場合があります。お腹がひんやりしていたり、平熱が36度以下の場合は、内臓冷え性である可能性が高いです。白湯を毎日飲む習慣を身につけましょう。他にも、甘酒やホットココア、くず湯、生姜湯などもオススメです。

もっと見る

目に良いだけではない

果実

ブルーベリーは、体に良いさまざまな効能が得られるために、とても人気のある食品です。生のものや冷凍したもの、ドライフルーツのものなどさまざまな形態で販売されています。そして、ブルーベリーの栄養分を効率的に摂取するなら、サプリメントが向いています。というのも、サプリにはアントシアニンなどの有効成分が濃縮して含まれているため、効果が期待できるだけの量が簡単に摂取できるからです。また、経済面でも、サプリを選択すれば、かなり節約しながら有効成分を摂取することができます。アントシアニンには、目に対する効果だけでなく、痛風の症状を改善する働きもあります。ですから、痛風で悩んでいる人は、食事療法に付け加えて、ブルーベリーのサプリを摂ると、痛みや腫れなどの症状の軽減効果が期待できます。

ブルーベリーの最も知られた効能は、アントシアニンによる目の能力の強化です。アントシアニンが網膜に存在するロドプシンという色素の分解と再生産の働きを助けることで、視力低下や眼精疲労を防止する効果があります。また、目に対する効果と並んで、ブルーベリーには抗酸化作用も強いことで知られています。抗酸化作用によって活性酸素を除去するため、老化防止作用が期待できます。そして、ブルーベリーの特徴として知っておきたいことの一つに、品種によって、アントシアニンの含有量はかなりの違いがある、という点が挙げられます。ですから、ブルーベリーを生やドライフルーツで摂取する場合、品種をよく確認してから商品を選ぶことが大切なことです。

アミノ酸パワーで健康に

茶色のメディシン

すっぽんは昔から健康に良いと言われ食べられてきました。しかし毎日食べる事は不可能なため、すっぽんの栄養と様々な成分が凝縮し入っているすっぽんもろみを服用しましょう。体調の維持管理が出来たり、美肌効果が期待出来たりします。

もっと見る